【獣医師監修】老犬の食欲が落ちたとき、食欲を促すためにできること

若い頃は食欲旺盛だった愛犬が、だんだんごはんを残すようになったり、匂いを嗅ぐだけで食べようとしなくなったりすると、飼い主さんとしてはとても心配になりますよね。老犬の食欲が落ちる原因は様々ですが、中には飼い主さんの工夫で改善できることもあります。

(トップ画像:Instagram / @hanahana.shii

老犬になると食欲が落ちる

年齢とともに食が細くなるのは人間も犬も同じ。食事の量が減るだけでなく、食べものの好みにムラが出てくるのも食欲が落ちているサインです。

シニア犬は消化吸収力が衰え、しっかり食べていても痩せやすくなるので、体力を維持するためにも毎日きちんと食事をとることは大切です。ただ、年齢とともに食欲が落ちてしまうのはある程度仕方のないことなので、愛犬の食べる量が減っても必要な栄養をしっかりと摂取できるよう、飼い主さんは食事内容や食事の環境などを工夫してあげてください。

 食欲が低下する原因は?

(画像:Instagram / @moyumori

犬は高齢になると食欲が衰える傾向にありますが、その原因は様々です。愛犬にきちんと栄養を摂ってもらうために、まずは原因を正しく把握しましょう。

病気が原因のことも

年齢とともに食欲が低下するのはよくあることですが、だからといって「年のせいだから仕方ない。」と済ませてしまうのは危険です。シニア犬によく見られる心臓病、腎臓病、ガン、子宮蓄膿症などの病気にかかると、食欲が落ちることは多いからです。歯周病が悪化して噛むことができなくなっている可能性もありますし、関節の痛みから体を動かせないでいるのかもしれません。愛犬の食欲が落ちた時は年齢のせいだと決めつけず、必ず動物病院へ連れて行き、原因をきちんと把握するようにしましょう。

運動量・代謝の低下

年を取って運動量が減り、寝ている時間が長くなると、エネルギーをあまり消費しなくなるためお腹が減りにくくなります。また、全身の筋肉量が低下するとともに基礎代謝も落ちていくため、そもそも体が必要とするエネルギー量自体が少なくなっています。

筋力の低下

筋肉が衰えることは老犬の食欲低下に大きく影響します。足腰の筋力が衰えると食べる姿勢を維持することが難しくなりますし、首回りの筋力が衰えると床の上に置いてあるごはん皿まで頭を下げることが大変になります。物を噛む力や飲み込む力も衰え、その結果、ごはんを食べることが若い頃よりも大変になり、食事を残すようになってしまうのです。

また、嗅覚が衰えることも食欲が落ちる原因の一つ。若い頃のように食事が楽しめなくなっていることも影響しています。

 愛犬の食欲が落ちてしまったら

(画像:Instagram / @pino_hana

動物病院に連れて行った結果、愛犬の食欲不振が年齢によるものだと診断されたときは、飼い主さんが工夫してあげることで改善できる場合もあります。ここでは、お家でできる対策をご紹介します。

フードを見直す

シニアになって量を食べられなくなったときは、少量でもきちんと必要な栄養やカロリーが補給できるフードに切り変えてあげましょう。噛む力が弱くなっているなら、カリカリをお湯でふやかしたり、ウェットフードに切り替えたりして、フードを柔らかいものに変えてあげるのもおすすめです。高齢犬に合うフードの選び方や切り替え方は『シニア犬フードの選び方は?老犬に必要な栄養素を獣医師が解説!』の記事で詳しく解説しているので、合わせて読んでみてください。

食事の環境も見直して

食べる体勢が辛そうなら、食事台を用意してあげると食欲が戻る場合もあります。また、意外と見逃しがちなのがごはんを食べる時の足元。フローリングのように滑りやすい場所で食事を与えているなら、踏ん張りがきかずに食べる体勢を取ることがつらいのかもしれません。ごはんを食べているときの足元も、ぜひ見直してみてください。

食事の回数を増やすのもおすすめ

最初は食いつきがよくてもすぐに食べるのをやめてしまう、一回あたりに食べられる量が減ってごはんを残すようになったときは、食事をするときの体勢を維持することが体力的に辛いのかもしれません。そんなときはごはんの回数を増やすのも一つの方法です。今まで朝と夜の2回に分けてごはんをあげていたのであれば、1日に3回、4回、5回とごはんの回数を増やしていくと、1日に食べる量を増やすことができるかもしれません。

食欲を促すためにできること

(画像:Instagram / @izumi320

環境を整えるのと同時に、愛犬の食欲を刺激することも大切です。いろいろ工夫をして愛犬お気に入りのごはんを見つけてあげてください。

匂いやトッピングで食欲を誘う

シニア犬は嗅覚が低下しているので、フードの香りを立たせることで食べてくれることがあります。ドライフードにお湯をかけたり、ウェットフードを電子レンジにかけたりして、温めると匂いが立ちやすいです。肉や魚、ふりかけなど、愛犬が好きなものを少しトッピングしてあげるのもおすすめです。

老犬におすすめな食材を上手に使って

ここでは老犬におすすめな食材をご紹介します。フードのトッピングやおやつとして取り入れてください。ただし、持病があって食事制限が必要な場合は、必ずかかりつけの獣医師に相談してから食事内容を決めるようにしましょう。

鮭・マグロ

皮膚や関節、心臓や血管、脳などの健康維持に効果的なオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいる鮭やマグロは、香りも立ちやすく、愛犬の食欲を刺激することができるでしょう。良質なタンパク質も摂取できるためオススメです。

鶏のささみ

脂肪分が多い食材は消化しづらく、老犬の胃腸に大きな負担をかけてしまいます。低脂肪・高タンパクな鶏のささみは、消化吸収機能が衰えた老犬にも安心して与えられる食材の一つ。茹でた後はきちんと冷まして、細かく刻んであげると老犬でも食べやすいでしょう。

キノコ類

老犬は免疫力が低下して、様々な病気にかかりやすくなります。免疫力をアップさせるためにはキノコ類がおすすめです。ただし、キノコには食物繊維が含まれるため、長時間煮込んだり、細かく刻んだりして消化しやすいよう工夫してあげてください。

緑黄色野菜

ビタミンが豊富に含まれる緑黄色野菜も老犬におすすめな食材です。便秘解消に効果があるにんじん、老化防止の効果があるカボチャ、水分量が豊富なトマトなどは上手に取り入れてあげるとよいでしょう。緑黄色野菜も食物繊維が含まれるため、消化しやすいよう工夫してあげる必要があります。

おかゆ・甘酒

食べやすく、水分補給もしっかりできる食べ物としては、おかゆや甘酒がおすすめです。特に甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、発酵食品なので消化吸収も良いです。愛犬に与える時は、必ず米麹から作られたノンアルコールのものを選ぶようにしましょう。

ヨーグルト

栄養豊富なヨーグルトは、飲み込む力の衰えた老犬でも食べやすく、歯周病予防の効果があり、整腸作用も期待できる食品です。無糖のプレーンヨーグルトをフードの上にトッピングしてあげるのもおすすめです。

どうしても食べてくれないときは

色々な工夫をしても愛犬がなかなか食べてくれないときは、流動食に切り替える必要があるかもしれません。ミキサーでペースト状にしたフードを、シリンジなどの道具を使って食べさせてあげると食べてくれることもあります。

ただし、流動食に切り替えるときは必ずかかりつけの獣医師の指示に従ってください。食べさせ方を間違えると、気管に食べ物が入ってしまい、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性があります。

最後に

愛犬の食欲が低下すると、不安になってしまう飼い主さんも多いでしょう。ただ、食事をするときの雰囲気が暗くなってしまうと、余計に愛犬の食欲を削いでしまうかもしれません。フードや環境を見直ししつつ、愛犬が食事を楽しめるような雰囲気作りも意識してあげてください。