老犬が咳をする原因は?咳を和らげてあげるためにできること【獣医師監修】

年をとった愛犬が咳をしているとき、どのように対処してあげるといいのでしょうか?ここでは老犬が咳をする原因と注意すべき病気、動物病院へ連れて行くべきタイミングについて解説しています。また、咳が続く愛犬のためにできることも合わせてご紹介します。

(TOP画像:Instagram / @kplan_haru

老犬の咳は要注意

犬も人と同じように咳をします。生理現象による一過性の咳は様子を見ていて問題ありませんが、中にはすぐに治療が必要なケースもあります。ここでは老犬ならではの注意点に触れながら、犬の咳について解説します。

様子を見ていても大丈夫?

気管に異物が入り込むのを防ぐため、または気管に入った異物を追い出すために、体は防御反応として咳をします。飲み水やほこりを吸い込んでしまったとき、飼い主さんが強くリードを引っ張ったときなどに、一時的に犬が咳をする場合は、生理現象によるものなので様子を見ていても大丈夫でしょう。

ただし、1日に何度も咳をする場合や、一度咳が出るとしばらく咳き込み続けてしまう場合には、病気のサインの可能性があります。また、老犬は誤嚥性肺炎を引き起こしやすいため、若い頃よりも注意して見てあげる必要があります。食べたものが気管に入り、肺で炎症を起こす誤嚥性肺炎は、飲み込む力の衰えた老犬に多く見られます。最悪そのまま命を落とすこともあるので、食後や水を飲んだ後、嘔吐をした後は特に注意しましょう。誤嚥性肺炎については『老犬や寝たきりの犬は誤嚥性肺炎に要注意!症状が現れたら早急に対策を! 』の記事で詳しく解説しているので、ぜひ合わせてご覧ください。

動物病院に連れて行くべき咳

(画像:Instagram / @hanahana.shii

上記のように、明らかに原因がわかっている一時的な咳であれば問題ありませんが、それ以外は早めに動物病院へ連れて行きましょう。軽い咳であっても、長く続く場合は何らかの病気を抱えている可能性があります。また、咳はエネルギーを消費しやすいものです。長引く咳は老犬の体力を消耗させ、結果的に体調悪化に繋がることも多いです。様子を見ている間に急激に体調が悪化することもあるので、早めに獣医師に見てもらった方が安心です。

こんなときはすぐに動物病院へ

咳とともに以下のような症状が見られたら要注意です。

  • 呼吸が苦しそう
  • 横になれない
  • ぐったりしている
  • 舌の色が紫色になっている

これらの症状が見られたときは呼吸困難を引き起こしている可能性があります。早急に処置をしなければ命に関わるので、たとえ深夜であってもすぐに夜間対応できる動物病院へ連れて行きましょう。犬を運ぶときは体勢を変えないように優しく抱き上げ、できるだけ犬の胸元を押さえないようにしてあげるといいです。

老犬が咳をするとき考えられる病気

(画像:Instagram / @izumi320

嘔吐のような咳をするとき

「カッ!カハァッ!」というような痰を吐き出すような咳をしている場合、心臓病の可能性があります。興奮した時や、夜から明け方にかけて症状がひどくなることが多いです。嘔吐をしているように見えることもあります。

老犬によく見られる僧帽弁閉鎖不全症という心臓病は、早期治療によって症状の進行を緩やかにすることができます。詳しくは『老犬に多い心臓病「僧帽弁閉鎖不全症」。症状や治療法をわかりやすく 』の記事を参考にしてください。

ガーガーという咳をするとき

ガチョウのような「ガーガー」という音の咳をしている場合、気管虚脱の可能性があります。気管虚脱とは、気管が変形することで気道が狭くなり、呼吸がしにくくなる病気です。小型犬や肥満の犬に発症することが多く、重度になると呼吸ができなくなります。愛犬の様子がおかしいと感じたら、早めに動物病院を受診しましょう。

また、すでに気管虚脱が指摘されている場合には、首輪を外してあげてください。お散歩の際に首輪を引いたりすると気管に負担がかかるため、症状を悪化させることがあります。お散歩の際にはハーネス(胴輪)を使用するようにして、気管への負担を減らしてあげましょう。

咳を繰り返したりくしゃみが出るとき

短い咳を繰り返したり、くしゃみや鼻水が出ているときは、ケンネルコフ(通称:犬風邪)という感染性の病気の可能性が考えられます。他の犬との接触によって感染するので、多頭飼育をしている場合は症状が出ている犬を隔離する必要があります。

混合ワクチンを接種していないと感染しやすく、特に免疫力が低下している老犬は重症化しやすいので注意しましょう。悪化すると高熱が出たり肺炎を併発することもあります。

その他

蚊を媒介して犬の心臓に寄生虫が寄生するフィラリア症にかかると、心臓の機能が低下するため咳などの様々な症状が現れます。予防薬を与えていない屋外飼育の犬に見られることが多く、重症化すると治療をしても残念ながら命を落としてしまうケースも多いです。

また、アレルギーが原因で咳が出ることもあります。この場合、アレルギーを引き起こす原因を特定し、解消する必要があります。犬ではあまり見られませんが、肺腫瘍が原因で咳をすることもあります。

動物病院へ連れて行く際のポイント

(画像:Instagram / @cjstyle9010

咳をしている時の様子を動画におさめて

獣医師は咳の仕方や咳の音などから、ある程度病気を推測することができます。ただ、動物病院に到着すると緊張などにより咳が止まるケースもあるので、自宅で愛犬の咳が気になったときはその様子を動画におさめておくとよいでしょう。診断の助けになります。

獣医師に伝えるべきことは?

愛犬のことを一番よくわかっている飼い主さんからの情報も、診断の上では非常に大切です。犬が咳をしているときは以下のようなことを質問されることが多いので、予め情報を整理しておくと診断がスムーズです。

  • いつ頃から咳をしているか。
  • どのような咳をしているか。
  • 咳が出る時間帯やタイミングは?
  • 咳の頻度は?
  • 他に気になる症状があるか。

愛犬の咳を緩和してあげるためにできること

(画像:Instagram / @wankorokoro_

診断の結果、心臓病や気管虚脱などの完治が難しい病気だった場合、飼い主さんのショックも大きいと思います。ただ、愛犬の咳を和らげてあげるためにできることはあるので、ぜひ取り入れてください。

加湿

気温が低かったり空気が乾燥していると、犬の気管支は刺激を受けやすくなります。犬が快適に過ごせる室内環境は、温度が20~25℃、湿度は40~60%です。空調をこまめに調節し、空気が乾いているときは加湿器をつけてあげましょう。あまりに咳がひどいときは、ミストスプレーなどで潤してあげると症状が和らぐこともあります。タバコの煙も悪影響なので、愛犬のいる部屋で喫煙するのは避け、タバコを吸った後はこまめに換気してあげてください。日常的に空気清浄機をつけておくことも効果的です。

食事の見直し

老犬になると水分補給が十分にできていないことがありますが、それも咳を悪化させる要因となります。お水を飲む量が減ったときは、こまめに口元にお水を運んであげたり 、水を入れるお皿を数カ所に配置したり、水分量の多いフードに切り替えるなどして調節してあげましょう。スープやとろみをつけたフードが効果的です。

また、肥満が原因で咳が出ることもあります。愛犬が肥満の場合は『肥満は病気の原因にも!老犬の正しいダイエット方法 』の記事を参考に食事内容を見直して、適正体重を維持してあげてください。

咳止めの薬やシロップの使用は獣医師に必ず相談を

愛犬の咳が気になる飼い主さんの中には、咳止めの薬やシロップの使用を検討している方もいるかもしれません。ただし、その場合は必ず獣医師に相談をしてから与えるようにしてください。特に の中には犬にとって危険なものもありますので、絶対に自己判断で与えないようにしましょう。

最後に

老犬になると免疫力が低下し、色々な病気にかかりやすくなりますし、咳が続くと体力も衰えてしまいます。愛犬の咳が気になるようになったら、できるだけ早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。