シニア犬がかかりやすい椎間板ヘルニア。症状や治療法は?予防はできる?

高齢になった犬によく見られる椎間板ヘルニアは、発症すると麻痺や強い痛みを伴うこともあり、愛犬の生活の質を大きく低下させてしまいます。ここでは椎間板ヘルニアについて解説していますので、シニア犬と暮らしている飼い主さんはぜひ参考にしてください。

犬の椎間板ヘルニア

首から腰にかけて体を支えている背骨は一本の骨ではなく、複数の小さな骨が連なってできています。そして骨と骨の間にクッション材の役割をする椎間板があることで、体を曲げたりひねったりできるようになっています。

椎間板ヘルニアになると、この椎間板が背骨の間から飛び出し、脊髄と呼ばれる神経を圧迫するようになります。首付近で発症する椎間板ヘルニアを頸部椎間板ヘルニアと言い、腰付近で発症すると腰部椎間板ヘルニアと言います。発症すると麻痺が現れたり、激しい痛みを伴うこともあります。愛犬のQOL(生活の質)を大きく低下させてしまうため、症状が見られたらすぐに動物病院へ連れていきましょう。

椎間板ヘルニアの原因は?

クッション材の役割を果たしている椎間板は、中心にゼリー状の核があり、その周りを弾力のあるカプセル状の繊維輪が何重にも覆っている構造になっています。椎間板ヘルニアを発症するケースは二つあります。ひとつは加齢によって外側の繊維輪が変性していくというもの、もうひとつは遺伝的な原因によって内側のゼリー状の部分が硬くなってしまうというものです。

加齢によって発症するケース

加齢により繊維輪の内側に亀裂が入り、その中に入り込んだゼリー状の核が繊維輪を押し上げ、脊髄を圧迫してしまう状態です。徐々に進行していくため、症状の進行は脊髄の圧迫の程度により様々です。愛犬が徐々に歩きたがらなくなる様子を見て、年齢のせいだろうと思う飼い主さんもいるでしょう。しかし、愛犬が歩かないのは痛みのサインかもしれませんので、行動に変化が現れた時はできるだけ早めに動物病院へ連れて行ってあげてください。

遺伝的な素因によって発症するケース

「軟骨異栄養犬種」と呼ばれる犬種は、椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われています。遺伝的に内側のゼリー状の核が固く変性しやすく、そのせいで繊維輪に負担がかかって亀裂が入ることで、変性したゼリー状の核が突出し、脊髄を圧迫するようになります。若いうちから発症することが多く、発症と同時に麻痺が出ることもあり、症状の進行も早いのが特徴です。胴が長く足が短いダックスフンドやコーギーに発症するイメージがあるかもしれませんが、ビーグル、コッカースパニエル、ペキニーズなども軟骨異栄養犬種に含まれます。

椎間板ヘルニアを発症しやすい犬種

(画像:Instagram / @rii.m915

ダックスフンド、コーギー、ビーグル、コッカースパニエル、ペキニーズなどの軟骨異栄養犬種は、遺伝的な素因から椎間板ヘルニアを発症する確率が高いです。また、フレンチブルドッグ、パグなども発症する確率が高いと言われています。ただし、基本的には年を取るとどの犬種でも発症する可能性があるので、愛犬が年を取ってきたと感じたら、上記の症状が出ていないか気をつけてみてあげる必要があります。

椎間板ヘルニアの症状は?

椎間板ヘルニアといっても、その発症部位で現れる症状は異なります。愛犬の異変を見逃さないためにも、その症状をしっかりと覚えておきましょう。

腰部椎間板ヘルニアの症状

腰部椎間板ヘルニアを発症すると、以下のような症状が現れます。

  • 階段やソファなどの段差に上がらなくなる。
  • 飛んだり跳ねたりしなくなる。
  • 背中がいつもよりアーチ状になっている。
  • 抱き上げた時に「キャン」と鳴く。

軽度の場合は背中の痛みだけで麻痺は現れません。しかし、脊髄への影響が大きいと部分麻痺が現れます。腰部椎間板ヘルニアでは後ろ足に影響が出ることが多く、足を引きずる、ふらつくなど、歩き方に違和感が出てくるようになります。障害の程度が重いと、完全に麻痺して足を動かせなくなります。完全麻痺になると膀胱麻痺を併発することもあり、こうなると自力で排泄することはできません。

頸部椎間板ヘルニアの症状

頸部椎間板ヘルニアを発症すると、非常に激しい痛みが現れることが多いです。そのため、以下のような症状が見られます。

  • 首をすくめて震える。
  • とぼとぼと歩くようになる。
  • 声をかけたとき、頭を上げずに上目遣いでこちらを見る。
  • 頭や首を動かした時に「キャン」と鳴く。
  • 抱き上げたときに「キャン」と鳴く。
  • 食事の体勢が辛くなり、床の上の食器からごはんを食べたがらない。
  • 触られるのを嫌がる。
  • 痛みから攻撃的になる。特に飼い主さんが頭を撫でようとすると噛むことも多い。

症状が重い場合は頸部の痛みを繰り返したり、足に麻痺が出たりします。頸部椎間板ヘルニアの場合は前足だけ、もしくは四肢全てに影響が出ます。

症状にはムラがあることも多い

椎間板ヘルニアを発症したからといって、1日中症状がひどいわけではありません。1日の中で調子のいい時間と悪い時間があることも多く、お家では痛がっていたのに動物病院では元気に過ごしているというケースもあります。そのため、愛犬に異変が見られたら、その様子を動画に撮影おきましょう。動物病院を受診した時に獣医師に見せると、診断の助けになります。

椎間板ヘルニアの重症度について

グレードで分類される重症度

椎間板ヘルニアは症状の程度によってグレード1〜5に分類されます。

  • グレード1:麻痺はなく、痛みだけ。
  • グレード2:自力で歩けるものの、軽い麻痺が出ている。
  • グレード3:自力で歩くことができない。
  • グレード4:完全に麻痺して自力で歩けず、排泄もできない。
  • グレード5:完全に麻痺して自力で歩けず、排泄もできない。さらに深部の痛覚がなくなる。

椎間板ヘルニアは、必ずしも症状が少しずつ進行していくわけではありません。発症と同時に椎間板が脊髄の深くまで突出すると、いきなりグレード4になることもあります。また、グレード1と診断されていたのに、短期間でいきなりグレード5になることもあります。特に遺伝的な素因によって発症する場合は、このようなケースがよく見られますので、日頃から背中に負担がかからないように注意することが大切です。

脊髄軟化症のことも知っておいて

重度の腰部椎間板ヘルニアによって脊髄がひどく損傷すると、進行性脊髄軟化症を発症することがあります。これは脊髄がどんどん溶けていってしまう病気で、残念ながら治療法は確立されていません。発症すると死亡する確率の高い病気です。

椎間板ヘルニアではどんな検査をするの?

問診で椎間板ヘルニアが疑われる場合、触診による神経学的検査で、ある程度の発症部位を推定します。その後、レントゲン検査で他の病気の有無、骨の位置を確認することもあります。椎間板の状態をしっかり確認するためには、CTやMRI、脊髄造影検査を受ける必要がありますが、これらの検査は全身麻酔が必要になりますし、費用も高額となります。シニア犬の場合、全身麻酔のリスクも考慮しなくてはなりませんので、検査を進めるかどうかは獣医師とよく相談してから決めるようにしましょう。

椎間板ヘルニアは治る?治療法は?

椎間板ヘルニアの治療法としては、投薬による治療と手術、その他鍼治療などがあります。ここではそれぞれの治療法の特徴を解説します。どの方法を選択するべきか悩まれている方は、ぜひ参考にしてください。

内服薬で痛みを軽減させる

症状が比較的軽度な場合や、年齢的に手術が難しいときには、内服薬で痛みや炎症を抑え、安静な状態を保って脊髄の機能が回復するのを待ちます。コルセットやギプスで患部を固定することもありますし、まだまだ元気に動ける子の場合は、ケージの中で絶対安静を指示されることもあります。

手術で飛び出した椎間板を取り除く

足に麻痺が見られるほどに重症化しているケースでは、手術で椎間板の飛び出た部分を取り除くという方法もあります。発症したときの状態にもよりますが、手術の後にリハビリなどを行うと、再び元気よく走り回れるようになる可能性があります。

ただし、発症時の状態によっては手術をしても麻痺が残ってしまうこともありますし、手術のためには全身麻酔が必要となります。手術の必要性とリスクについて、かかりつけの獣医師ときちんと話し合ってから、愛犬にとって最適な治療法を選んであげましょう。

鍼治療も注目されている

鍼灸治療は西洋医学の考え方とは異なるアプローチで体の状態を良くしていきます。獣医療では古くから競走馬の治療で使われていましたが、最近では犬などの小動物に対して用いる獣医師も増えてきました。大きな副作用も強い痛みもない治療法なので、気になる方は鍼灸治療のできる獣医師に相談してるとよいでしょう。

愛犬が椎間板ヘルニアと診断されたら…

(画像:Instagram / @mt0315

獣医師の指示に従ってリハビリを

手術を受けた後やケージレスト(絶対安静)で筋力が落ちてしまった場合、リハビリ指示が出ることがあります。最近では動物病院以外でもリハビリのサービスを提供しているところがありますが、愛犬の状態に応じて必要なトレーニングが異なるため、必ず獣医師のアドバイスのもとリハビリを行いましょう。リハビリの種類としては、バランスボールを使った筋肉トレーニングや凝り固まった筋肉をほぐすマッサージ、体重負荷を軽減しながら行う水中歩行、微弱な電流で筋肉を刺激する電気治療など様々なものがあります。自宅でリハビリを行うこともできますが、その場合は必ず獣医師のアドバイスのもと行ってください。

お散歩は行ってもいいの?安静ってどのくらい?

抱っこやクレートで気分転換を

絶対安静を指示されたら、お散歩はしばらく控えましょう。元気な子であればお散歩に行きたくてストレスを感じるかもしれませんが、無理に連れて行って症状が悪化しては元も子もありません。獣医師から許可が降りたら、抱っこやクレートでお外に連れ出してあげると気分転換になります。このときも愛犬の背中に負担をかけないよう注意しましょう。犬の体の大きさによって正しい抱っこの仕方は異なるので、必ず獣医師のアドバイスに従ってください。

無理のない範囲でお散歩開始

動物病院で運動をしても問題ないと言われたら、無理のない範囲でお散歩を開始します。滑らない平坦な場所を選び、愛犬のペースでゆっくり歩かせてあげてください。歩くのを嫌がるようなら無理は禁物ですが、シニア犬の場合は筋力が衰えると寝たきりになってしまう恐れがあ理ます。様子を見ながら少しずつ運動量を増やしていけるといいですね。

一回あたりのお散歩時間は短くして、1日あたりのお散歩の回数を増やすのも効果的です。例えば、今まで30分のお散歩を1日に1回していたのであれば、1回あたりのお散歩を10分にして、朝と夜の2回に分けてあげるといいでしょう。

マッサージも取り入れて

リハビリにはマッサージも効果的です。足を動かさないでいると、筋力が落ちて血行やリンパの流れが悪くなります。マッサージをしてあげることで血流が良くなり、回復を促してあげることができます。また、後ろ足に麻痺が出ると、その分前足に負荷がかかるので、疲れた前足の筋肉をマッサージでほぐしてあげるといいでしょう。マッサージをすることで血流を良くし、回復を促してあげることができます。

ただし、ヘルニアを発症した部分をマッサージすると悪化させてしまう恐れがあるので、自宅でマッサージをする際は、必ず獣医師やリハビリ施設の理学療法士にやり方を教えてもらうようにしましょう。

椎間板ヘルニアを悪化させないためにできること

生活環境を整える

椎間板ヘルニアを悪化させないためには、腰に負担をかけないことが大切です。きちんと体重を管理して太らせないことはもちろん、床に滑り止めマットを敷く、足裏の毛をこまめに処理する、腰を冷やさないように腹巻きをするなど、飼い主さんがしてあげられることはたくさんあります。

サプリで椎間板ヘルニア対策

椎間板ヘルニアに効果的なサプリメントを取り入れてみるのも対策の一つです。ただし、持病があるとサプリメントによって病気が悪化してしまうこともありますので、必ず事前にかかりつけの獣医師に相談してから与えるようにしましょう。

最後に

椎間板ヘルニアは発症すると愛犬のQOLを低下させてしまいますが、飼い主さんが気をつけてあげることで、ある程度は予防することができます。愛犬が太り過ぎないように体重をきちんと管理し、背中に負担がかからないように生活環境を整えてあげてください。もちろん、注意していても発症することはありますので、愛犬の様子に違和感を感じたら、できるだけ早く動物病院へ連れて行ってあげましょう。