【コスパ◎】シニア犬のための手作りおむつ、みんなの作り方をご紹介します!

愛犬が高齢になって毎日のようにおむつを着用するようになると、どうしてもおむつ代がかさんでしまいますよね。中には少しでもコストを抑えるために、犬用おむつよりも単価の安い人間の赤ちゃん用おむつをリメイクしている飼い主さんもいます。そこで今回は、みんなが作っているコスパのいいリメイクおむつについて調査しました!

(TOP画像:Instagram / @alotofraisingrans

人間用のおむつと犬用おむつの違いについて

おむつの老犬

(画像:Instagram / @rii.m915 )

足回りのサイズの違い

人間用のおむつも犬用のおむつも、そんなに大きな違いはありません。ただし、犬用おむつと比べると人間用おむつは、足回りが少しきつい傾向にあります。人間用おむつをリメイクするときは、胴回りだけでなく足回りのサイズもきちんと測ってから買うようにしましょう。

単価の違い

おむつを使うときに注意したいのがおむつかぶれです。おむつかぶれを防ぐためには、おしっこをする度にこまめにおむつを変えて、清潔な状態を保ってあげる必要があります。おむつ1枚あたりそんなに大きな金額でなくても、1日に何枚も使うとなるとかなりの出費になりますよね。

おむつの種類によって金額は異なりますが、犬用おむつがだいたい1枚あたり100円程度であるのに対して、人間用おむつは1枚あたり40円程度。リメイクする手間はかかるものの、人間用おむつは非常にリーズナブルなのです。

関連記事

愛犬が高齢になってオムツを着用するようになったら、気を付けたいのがオムツかぶれです。シニア犬は皮膚が弱くなり、特にかぶれやすくなるので注意が必要です。ここではオムツかぶれを予防するためにできるケアや、かぶれてしまった時の対策について、シニア[…]

男の子のための手作りおむつの作り方

おむつの老犬

(画像:Instagram / @puutaro.k

ここからは、実際におむつをリメイクされている飼い主さんのリメイク案をご紹介します。男の子と女の子、目的によって最適なおむつは異なるので、以下を参考にしながら愛犬にぴったりなおむつを作ってあげてください◎

目的に応じておむつを選ぼう

犬用おむつには女の子用と男の子用があります。おしっこだけをキャッチしたい場合は、男の子用のおむつ(マナーベルトタイプ)がおすすめです。ここでは、人間用のおむつをリメイクして、男の子用のおむつを作る方法をご紹介します。

尚、うんちも一緒におむつの中でキャッチするために、女の子用のおむつを使っている方もいると思います。そちらのリメイク方法については、「女の子のための手作りおむつの作り方」を参考にしてください。

男の子のためのおむつリメイク方法

人間用おむつには、お腹周りをテープでとめる「テープタイプ」とそのままサッと履かせられる「パンツタイプ」の二種類がありますが、男の子用のおむつを作りたいときは、「パンツタイプ」を選びます。作り方はとっても簡単!パンツタイプの横側を切るだけで完成です◎こちらの飼い主さんが詳しいやり方を投稿してくださっているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Qooppy(@qooppy_dog)がシェアした投稿

女の子のための手作りおむつの作り方

おむつの老犬

(画像:Instagram / @renrina.mk )

おむつの選び方

女の子用のおむつをリメイクする場合、テープタイプとパンツタイプのどちらを選んでも大丈夫です。それぞれにメリットがあるので、愛犬の状態に合わせて選んであげるとよいでしょう◎

パンツタイプはウエストの調節をする必要がなく、動いてもずれにくいのが特徴です。後ろ足を通すだけで履かせることができるので、元気に動き回る子におすすめです。

一方、テープタイプはおむつ自体を広げることができるので、寝たきりの子でもおむつ交換しやすいと思います。

女の子のためのおむつリメイク方法

女の子用のおむつをリメイクする場合、テープタイプもパンツタイプも、しっぽ用の穴を開ければ完成です。ただし、切った場所からポリマーが出てきてしまったり、切り口がチクチクして肌触りが気になったりするときは、切った場所を柔らかいサージカルテープなどでとめるとよいでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Qooppy(@qooppy_dog)がシェアした投稿

また、しっぽ用の穴の形ですが、市販の犬用おむつは上半分が丸くなっている半円の形が一般的です。自分で切れ込みを入れる場合は、愛犬のしっぽの形やカットの手間などを考慮して、四角形、半円形、三角形など、最適な形を見つけてください。

手作りおむつのよくあるお悩みについて

おむつの老犬

(画像:Instagram / @m__a._m )

うんちはどうする?

トイレが上手にできなくなったとき、うんちをおむつの外に出す派と、中でキャッチする派に分かれると思います。おむつの外に出すようにすると体は汚れにくいですが、落ちたうんちを愛犬が踏んでしまったり、後ろ足が弱っていると体勢を維持できなくてうんちの上に尻もちをついてしまったりすることがあります。一方、おむつの中でキャッチするようにすると、お部屋は汚れにくくなりますが体に付着して汚れやすくなります。トイレの失敗の仕方やうんちの状態などを考えて、お互いにとって負担の少ない方法を見つけられるといいですね。

うんちキャッチ用おむつの作り方

うんちをおむつでキャッチしたいときは、しっぽ用の穴の形を縦一文字(I字型)もしくは、山型に切る方法があります。

■I字型に切る方法

愛犬の尻尾の大きさに合わせて縦に鋏を入れます。山型に比べてリメイクが楽ですが、しっぽが締め付けられるときは山型の方がおすすめです。

■山型に切る方法

三角形の底辺を残して写真のように山型にカットします。切り出した三角形の部分がうんちをキャッチしてくれるでしょう。

手作りオムツ

尚、体を汚すことなくうんちをキャッチできる画期的なアイテムもあります。その名も「うんぽパンツ」。単価はやや高めなので、夜寝ている時だけ、お腹が緩い時だけなど、限定して使うといいかもしれませんね◎

おしっこの量が多い場合はどうする?

シニア犬になるとホルモン疾患や腎臓病などが原因でおしっこの量が増えることがあります。おむつの吸水力では追いつかず、尿が漏れてしまうようなときは、マナーパッドを併用するといいでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Qooppy(@qooppy_dog)がシェアした投稿

最後に

おむつの老犬

(画像:Instagram / @reon_mom

愛犬が高齢になると何かとお金がかかるようになります。犬用おむつより安価な人間用おむつをリメイクすることで、コストを抑えることができるので、少しでも出費を抑えたい方はぜひ試してみてください。愛犬の状況に応じて色々と試行錯誤することで、市販のおむつ以上にぴったりフィットする素敵なおむつを作ることができるでしょう。