【高齢犬に多い慢性腎臓病】症状や治療法、食事の注意点を獣医師が解説!

シニア犬によく見られる慢性腎臓病は、長期にわたって腎臓の機能が低下する病気です。完治させることはできませんが、食事の見直しや定期的な通院で症状の進行を遅らせることはできます。ここでは犬の慢性腎臓病について、症状や治療法、食事の注意点などを解説します。

(TOP画像:Instagram / @pino_hana

愛犬が高齢になったら注意したい腎臓病

腎臓病とは

腎臓は再生することのない臓器で、非常に重要な役割を担っています。

  • 血液中の不要な老廃物をこし取り、尿として体外へ排出する。
  • 体に必要な水分が出ていかないよう、尿を濃縮する。
  • 血圧をコントロールしたり、赤血球を作るためのホルモン(造血ホルモン)を分泌する。

年齢を重ねると徐々に腎臓の機能が低下し、全身へ悪影響を及ぼすようになります。

急性腎臓病と慢性腎臓病がある

腎臓病は、腎機能が低下するスピードに応じて「急性腎臓病」と「慢性腎臓病」に分けられます。

急性腎臓病とは

急性腎臓病では、大量の出血や脱水、熱中症、尿路結石、レプトスピラ感染症、毒物(レーズン・ぶどう・鉛・人間用の薬等)の誤飲などが原因で、急激に腎機能が低下します。発症から数時間ほどで嘔吐やおしっこが出ないなどの症状が見られ、早急に適切な治療を受けないと死に至ることもあります。急性腎臓病の症状は急激に現れますが、治療や病状によっては腎機能が回復する可能性もあります。

慢性腎臓病とは

一方、慢性腎臓病は数か月~数年という長い年月をかけて、徐々に腎機能が低下していきます。高齢犬になるほど発症のリスクは高まります。

初期症状が乏しいため、動物病院で慢性腎臓病と診断されたときには、病気がかなり進行しているケースも珍しくありません。残念ながら、慢性腎臓病では一度低下してしまった腎機能を回復することが難しく、慢性腎臓病と診断されたときには残された腎臓の機能をいかに保存するかというのが治療のポイントになります。

腎臓病になるとどうなるの?

腎臓病が進行すると腎臓のろ過機能が働かなくなり、体に不要な老廃物が徐々に溜まっていきます。腎臓の働きが正常時の25%以下まで低下すると「腎不全」という状態になり、さらに進行して末期の状態になると「尿毒症」を引き起こします。尿毒症とは有害な老廃物が体内にとどまり、ミネラルのバランスを保てなくなっている状態で、様々な全身症状が現れます。

<尿毒症の症状>

  • 口からアンモニアのような刺激臭がする
  • 口内炎
  • 嘔吐、下痢
  • 食欲不振
  • けいれんや意識障害

尿毒症は、急性腎不全・慢性腎不全どちらでも起こります。尿毒症になる前に適切な治療をして、腎臓の機能を維持することが理想です。

腎臓病は予防できる?

急性腎臓病の場合は必ずアクシデント等の原因があるため、それを回避することが予防に繋がります。例えば、夏場は脱水しないようにこまめに水分補給をさせる、誤って人間用の薬などの毒物を飲みこまないように家の中の環境を整える、などの対策が挙げられます。また、尿路結石から急性腎臓病を引き起こすケースもあるので、尿路結石にならないよう定期的に尿検査を受けたり、水分補給や運動による肥満解消なども心がけましょう。また、急性腎不全を起こす感染症「レプトスピラ症」は、ワクチンで予防することができます。

一方、シニア犬によく見られる慢性腎臓病は、年齢とともに腎臓の組織がダメージを受けることが原因であるため、残念ながら予防することは難しいです。愛犬が年を取ったら定期的に血液検査をして、なるべく早い段階で発見し、治療をすることが大切です

腎臓病は完治する?

急性腎臓病の場合、完治するかどうかは腎臓の受けたダメージの程度によって異なります。ダメージが軽度であれば、適切な治療によって完治が期待できますが、ダメージが大きく、きちんと治療しても腎臓の機能が戻らなければ、そのまま慢性腎不全へと移行します。さらにダメージの程度が大きいと、残念ながら治療の甲斐なく命を落としてしまうこともあります。

慢性腎臓病の場合、一度下がった腎臓の機能を回復させることは難しいため、完治させることはできません。愛犬が慢性腎臓病と診断されたら、残存している腎臓の機能を最大限残すこと、愛犬の苦痛を減らしてQOL(生活の質)を維持することが重要です。ただし、早い段階で病気を発見して早期治療ができれば、病気と向き合いながら寿命を全うできることもあります。

慢性腎臓病の症状は?

(画像:Instagram / @erilyerily

慢性腎臓病は初期症状が現れにくい

腎臓は、背中側の左右2か所に位置している臓器です。片方の腎臓の機能が落ちても、もう片方の働きでカバーしようとするため、症状が現れるまでにかなり時間がかかります。つまり、腎臓病の症状が現れ始めたときは、すでに腎臓がかなり疲弊している状態なのです。

慢性腎臓病のステージについて

慢性腎臓病の進行具合については、以下のようなステージに分けられます。

ステージ 血清クレアチニン(mg / dL) 残存腎機能 臨床症状
1.4未満 100~33 % なし
1.4~2.0 33~25 % なし、もしくは軽度(多飲多尿)
2.1~5.0 25~10 % 全身の臨床症状

(嘔吐、貧血、脱水など)

5.0以上 10 %以下 全身の臨床症状、尿毒症

(※)血清クレアチニンとは…

腎機能を反映する血液検査項目の一つ。クレアチニンは老廃物の一種で、本来なら腎臓でこし出されて尿として排出されますが、腎機能が低下しているとどんどん体の中に溜まっていきます。血液中のクレアチニンの濃度を見ることで腎臓の機能が十分か確認することができるのです。

目立った臨床症状が現れるのは、ステージⅢ(腎機能の75%以上を失った状態)以降のことが多いです。ここまで進行すると造血ホルモンを作ることが難しくなるため、歯肉が白っぽくなる、疲れやすくなるなど、貧血の症状が見られることもあります。さらにステージⅣまで進行すると、積極的な治療をしなければ生命活動を維持するのが困難な状態になります。

また、慢性腎臓病が疑われる場合は、危険因子である高血圧の既往や、蛋白尿の有無などの確認も行われます。

老犬でこんな症状が見られたらすぐ動物病院へ

初期の慢性腎臓病では症状がほとんどないので、愛犬が年をとってたくさん水を飲むようになったら、一度動物病院で血液検査を受けましょう。以下のような症状が現れ始めた頃にはかなり病気が進行していることが考えられるので、すぐに動物病院を受診しましょう。

  • 尿の量が減る
  • 尿の色が薄い
  • 食欲が低下する
  • 体重が減少する
  • 嘔吐
  • 元気がない
  • 口臭がきつくなる
  • 毛にツヤがない

慢性腎臓病の治療・食事療法について

(画像:Instagram / @mt0315

慢性腎臓病は完治させることが難しいため、残存している腎臓の機能を保護し、進行を遅らせる治療を行います。ここでは、慢性腎臓病の治療方法について解説します。

投薬や点滴による治療

腎臓の機能が低下して血液中に老廃物や毒素が増えると、吐き気を感じることが多いです。吐き気がある場合は吐き気を抑える薬を注射で入れたり、吐き気止めが処方されます。また、毒素を吸着するサプリメントなどもよく処方されます。このサプリメントには、服用すると血液中の毒素を吸着し、便として体外へ排出してくれる効果があります。また、高血圧の場合は血圧を下げる薬を使用することもありますし、脱水や貧血などの症状がある場合には点滴をするケースもあります。

食事療法が非常に大切

慢性腎臓病の治療法では、残っている腎臓をいかに保護できるかが鍵。そのためには腎臓に負担をかけないフードに切り替えることが何よりも大切です。腎臓病の療法食は栄養管理が非常に難しいので、かかりつけの獣医師と相談しながら専用の療法食に切り替えましょう。ビーフジャーキーなどのおやつも、腎臓に負担をかけるためNGです。

ただし、腎臓病にかかった犬は食欲が低下することも多く、処方された療法食を食べてくれないケースも少なくありません。療法食にもカリカリやウェット、缶詰など様々な種類があるので、愛犬が好んで食べてくれるものを探しましょう。こちらの記事で腎臓病の療法食をご紹介しておりますので合わせてご覧ください。

関連記事

愛犬が慢性腎臓病になって食事制限が必要になると、療法食を処方されます。しかし、腎臓病のための療法食は塩分などの制限によって味が薄く、犬自身も病気で食欲が落ちているため、療法食を食べてくれないことも少なくありません。愛犬が食べてくれるフード探[…]

なお、腎臓病のための栄養管理は非常に複雑で、作るためには獣医学と動物栄養学両方の知識が必要となります。知識のない飼い主さんが自力で手作りしようとすると体調が悪化してしまうこともあるので、療法食については必ずかかりつけの獣医師や動物看護師に相談しましょう。もし、かかりつけの獣医師以外の意見を聞きたい場合は、栄養学に詳しい獣医師をセカンドオピニオンとして選ぶとよいでしょう。

再生医療や透析などの最先端医療について

慢性腎不全の治療は食事療法と投薬、点滴が一般的ですが、最先端医療として再生医療や透析などがあります。これらの治療法は症例数が少なく、治療を受けられる医療施設も限られていて、費用も高額になることが多いです。ここでは最先端医療でどんなことができるのか、注意点と合わせて解説します。

犬の透析について

点滴や投薬をしても腎機能の回復が難しい状態になると、人間の場合は透析を行うケースが多いです。透析とは、一度取り出した血液を機械に通して毒素や老廃物を取り除き、きれいになった血液を再び体の中に戻すというものです。人間ではメジャーな処置ですが、犬の場合まだまだ浸透していません。透析をするためには入院が必要なこと、一回あたりの費用が高額なこと、週に2〜3回の透析が必要になることなどから、犬や飼い主さんにかかる負担が大きいためです。

再生医療について

犬本人の皮下脂肪から採取した脂肪細胞から、様々な細胞に分化することができる幹細胞を培養し、培養した幹細胞を腎臓に戻して腎機能の改善を図る再生医療は、慢性腎不全に効果があるのではないかと言われています。ただし、幹細胞が腎臓の細胞として生まれ変わるわけではありません。再生医療は壊れた腎臓を再生するためのものではなく、幹細胞が作り出すサイトカインという物質に、腎臓組織のダメージ抑制、腎臓の血管再生などの効果があると言われています。

また、病状に応じて効果が異なる点も留意しておかなければなりません。再生能力がうまく合致すれば奇跡的に回復することもありますが、残念ながら再生治療を行なっても効果を得られないというケースもあります。治療費も高額になるため、気になる方はまずかかりつけの獣医師に相談してみるとよいでしょう。

どこまでの治療をするべき?

(画像:Instagram / @hanahana.shii

愛犬が慢性腎臓病と診断されたら、どこまでの治療を希望するのか、飼い主さんがしっかり考えておく必要があります。食事療法は治療の要になるので取り入れて頂きたいですが、それ以外の治療については、どういった効果があってどういったリスクがあるのか、愛犬のQOL(生活の質)を考えたときにどこまで治療をしてあげるべきなのか、かかりつけの獣医師と相談しながら考えてみてください。

最後に

愛犬が高齢になると、慢性腎臓病にかかるリスクが高くなります。初期のうちは目立った臨床症状が現れないので、特に老犬の場合は定期的に検査を受け、早期発見・早期治療に繋げることが重要です。治療法も幅広いため、愛犬の体にかかる負担も考えて、飼い主さんが納得できる治療方針を選べるといいですね。